9月の献立

初秋 名月の宴

先付 川鱒ときのこの焼き浸し 水前寺菜
   菊花 


肥後の伝統野菜水前寺菜と茸の御浸しです。甘酢に漬けた
黄色と紫の菊を散らして。

添え 小国高原甘薯のすり流し 柚子はちみつ風味

小国の甘藷とジャージー牛乳で冷製ポタージュを作りました
底に柚子とはちみつのシロップを入れ飲むごとに味の変化を
楽しんでもらいます。

お椀 面影豆腐 白木耳 洗い葱 丸仕立て 露生姜

月に見立てた卵豆腐に杖立川でとれた天然のすっぽんのスープを
はって。

向付 肥後馬刺し三種盛り 生姜醤油 にんにく味噌

熊本名物の馬刺しは定番の生姜醤油と自家製のにんにく味噌お好みで。

お凌ぎ かぼす蕎麦 とんぶり

隣町大分玖珠産のそばとかぼすでさっぱりと

口取り 鮎とうるか共子和え 鰻手こね寿司 
    絹担ぎとレバーペースト



焼物 阿蘇赤牛のローストビーフ 赤茄子 巨峰のソース
   焼き柿の胡麻クリーム和え


ローストビーフには巨峰と赤ワイン、バルサミコ酢 醤油
はちみつを煮詰めたソースで。 はしりの柿もローストすることで
甘みを出してます。

進肴 菊池黒豚の柳川鍋 牛蒡 玉葱 三つ葉 山椒

そのままでもご飯にかけて丼でも嬉しい鍋です

  ご飯 ひのひかり

香の物 三種盛り

止椀 田舎味噌汁

甘味 杖立プリン他 盛り合わせ

 

葉月の献立(8月1日より)

前菜 万願寺唐辛子と薄揚げのじゃこ和え 
   笹身昆布〆叩き 新甘薯レモン煮 鰻と胡瓜
   生春巻き 小国大根三種のディップ


鶏の笹身は塩をして昆布〆にした後表面をバーナーで炙りました。
大根につけるディップはレバーペースト、山海胆豆腐、うるか
の三種です。

お椀 鮎煮麺 もへぎ茸 冬瓜 梅肉

翡翠色に炊いた冬瓜に三枚におろし焼いた鮎を

向付 馬刺し薄造り 揚げオニオン 蓮根煎餅 柑橘醤油 辛子

和風のカルパッチョです

凌ぎ スモーク川鱒の握り寿司 オリーブ  夏野菜のピクルス
   骨煎餅


スモーク川鱒の握りには玉葱のマリネとオリーブを添えて
お椀で下した鮎の骨を揚げて煎餅に

箸休め 山芋の吸いとろろ じゅんさい トマトのジャム

吸地でのばした山芋にじゅんさいとオクラをのせて
アクセントにトマトを煮詰めて作ったジャムの酸味
を添えました。

焼き物 阿蘇赤牛の山椒焼き 温泉玉子

和のスパイス実山椒をきかせてステーキを山椒の辛さを
温泉玉子が和らげてくれます。

進肴 菊池黒豚の肉豆腐 椎茸ソーセージ 柚子胡椒 かぼす

ドイツソーセージのお店デュッセルに特注して作ってもらった
椎茸の粗挽きソーセージです。小国の原木椎茸と小国産の三元豚
を使用しています。

ご飯 

香の物

止椀 田舎味噌汁

甘味 杖立プリン 他

 

お知らせ

日々の日常をFB、インスタグラムで紹介中です。
 米屋別荘で検索


#米屋別荘 で検索

 

7月の献立

先付 翡翠冬瓜 阿蘇赤牛のローストビーフ 
   銀餡 マスタード


翡翠色に仕上げた冬瓜と温泉の表面を焼き温泉の蒸気で
軽く蒸し煮込みした赤牛の冷やし鉢です。

添え 肥後ムラサキと自家製川鱒のスモーク オクラ

肥後ムラサキはあくが少なく生でも食べられる茄子です。
スモークした川鱒と合わせサラダ仕立てに

お椀 玉蜀黍の揚げ団子 糸瓜 苦瓜 
   白味噌仕立て 辛子


揚げた玉蜀黍の甘みと苦瓜の苦みを白味噌の汁がやさし
く包み込みます。

向付 馬刺し 赤身 たてがみ ふたえご
   生姜醤油


熊本名物馬刺しを定番の生姜醤油で

凌ぎ 火の国 熊本トマト素麺 じゃこ 大葉 海胆

熊本県はトマトの生産日本一です。そのトマトの種おとりオーブンで
焼いたものを土佐酢に漬け素麺にかけました。ごま油で炒めたじゃこ
と、中にうにをしのばせてあります。

酒肴 鮎の背越し 焼き鮎寿司 焼万願寺土佐和え 
   甘藷レモン煮 やまうに豆腐


鮎の寿司は丸ごと姿のまま焼いた鮎を背開きにし、骨と内臓
を取り出します。酢飯に叩いた木の芽と肝を混ぜ白板昆布で
巻き小袖寿司にします。

焼き物 米茄子 菊池黒豚 味噌グラタン

半分にした米茄子の中身をくり器のほうは油で素揚げします。
焼いた茄子と黒豚は田楽味噌で味付けし、器に戻してモッツァレラ
チーズをかけオーブンで焼きました。

 進肴 鯉のつみれ鍋 豆腐 葱 黒胡椒

鯉は三枚におろし叩いてすり鉢ですり身に。味噌と山芋
を加え昆布出汁でのばしつみれにします。具材はほかに
葱と豆腐のみで、シンプルに出汁とつみれの美味しさを
味わってください。

ご飯 冷や汁 ぶっつかけ飯

香の物

甘味 杖立プリンと季節のフルーツシャーベット

 

水無月の献立

先付 夏野菜と小国三元豚のレバーペースト

オクラ、隠元、苦瓜、玉蜀黍をごま油で炒め塩昆布で和えます。
添えた、レバーペーストの塩味と旨味で召し上がりください。

前菜 阿蘇赤牛のローストビーフ梅紫蘇長芋巻 青梅ゼリー寄せ
   川鱒スモーク トマトとクリームチーズの生春巻き


赤牛はさっぱり梅味に、我が家で取れた青梅は梅酒のゼリーをかけて、
川鱒も自家製スモークにし香りたつ前菜に仕立てました。

お椀 枝豆豆腐 才巻 原木椎茸 蓮根 梅肉 順菜

蒸して裏ごした枝豆を昆布出汁と葛、わらび粉で練り上げ枝豆豆腐に
しました。

向付 馬肉のタルタル ふたえご 生姜醤油

叩いた馬肉にピクルス、醤油と辛子で和の味付けに、表面にバターと
卵黄を乳化させたものを塗り炙りました。 バケットを添えてお出し
します。

お凌ぎ 赤茄子 湯葉 ズッキーニ 万願寺唐辛子の揚げ出汁

油と相性の良い夏野菜を揚げ出汁に。紅葉おろしを添えて。

焼き物 若鮎塩焼き 蓼酢

隣町、大分県日田産の鮎は炭火で限界まで焼き上げます。
自家製の蓼酢はお粥でとろみをつけてからみやすくしています。

強肴 鯉たれ焼 青瓜松前 酢取茗荷 土佐酢ゼリー

骨切りをし甘辛のたれをつけて焼いた鯉と塩水につけて昆布で
はさみ重石で漬けた青瓜に土佐酢のゼリーをかけて

鉢物 冬瓜 菊池黒豚 水菜 すっぽんスープ煮 柚子胡椒

杖立川でとれたすっぽんのスープで冬瓜と黒豚を焚きました。
夏バテ防止に精のつくものを

ご飯 麦とろ飯

止椀 田舎味噌汁

香の物

甘味 杖立プリン


 

5月の献立

先付 阿蘇赤牛ローストビーフ 翡翠茄子 空豆
   山独活 旨酢ゼリーよせ


塩麹に浸け熟成した赤牛と山の新緑に合わせた茄子をさっぱりと
ゼリーの酢をかけて

前菜 蕗梅煮 タラの芽もろみ和え うろこ山椒煮 川海老
   生揚げとレバーペースト


炙った生揚げに小国の三元豚で作ったレバーペーストをのせ、
マリネしたパプリカをのせました。レバーペーストはおなじみ
ドイツハム職人デュッセルさんのものです。

椀替り うすい豆のすり流し 玉締め じゅんさい あられ

底に茶わん蒸しを作った染付のカップにうすい豆のすり流しを。
特産のジャージー牛乳を使っています

向付 肥後馬刺し 紅白盛り ふたえご
   川鱒スモーク握り寿司


お造りは馬刺しと燻製にかけた川鱒を握り柏の葉で
包みました。

お凌ぎ 茶そば 鰻 錦糸卵 山葵出汁

抹茶の風味豊かな茶そばの上にじか焼にした
鰻のかば焼きをのせて。

鉢物 黒豚軟骨味噌煮込み 小国大根 青葱 一味

ゼラチン質の軟骨は温泉の蒸気でまる一日蒸煮することで
とろとろになります。

強肴 鯉南蛮 こしあぶら 白子

南蛮漬けにした鯉と山菜の女王こしあぶら。白子はゼリーで
寄せてます

進肴 稚鮎すき焼き 筍 わらび 新玉ねぎ トマト
   温泉玉子


隣町日田産の稚鮎です。小さいながら鮎独特の
苦みと青さは鮎そのものです。

ご飯

香の物

止椀 田舎味噌汁

甘味 杖立プリン他


 

おすすめのお酒

冬を越し雪の下から芽吹いた山菜。
同じくしてこの時期次々と販売される
日本酒の新酒。
共にみずみずしくフレッシュな味わいがマッチします。


というわけで今回は花の香酒造さんの
純米大吟醸 花の香 はねぎ搾りのご紹介です。
山田錦100% 薫り高き吟醸香
花の香酒造さんといえば日本酒のスパークリング
702や低アルコールの日本酒701など
新感覚のお造りで注目されていますが、
今回はストレート勝負山田錦100の大吟です。
皆さんの注目もすごく、すでに完売されているとのこと。
是非この機会にいかがですか?

さて、もう一つは食後酒のご紹介

山村酒造 へきろさんすい 
30年の古酒 粕取り焼酎です。
度数40度

ルイジャド マールドブルゴーニュ
こちらも度数40度
マールとはワインのしぼり滓で作った
ブランデーです。

共に日本酒とワインを作った滓で仕上げた
蒸留酒でありながら長期熟成さらに芳醇で高貴な香り
という共通点。

大人の酒です。
寝酒にストレートでいかがですか?

 

鯉のぼり祭り開催中です。

年に一度の杖立温泉大イベント
鯉のぼり祭り開催中です。

杖立川の両岸からロープを伸ばし約3000匹
の鯉のぼりを飾ります。

この鯉のぼり祭りのもう一つの見どころが
夜のライトアップ

川にうつる鯉のぼり幻想的です。

毎日夜9時までです。
是非お泊り頂いて夕食後のお散歩にいかがですか?
あわせてフォトコンテストも開催中です
ご応募おまちしております。

四月の献立

先付 白魚 汲み上げ湯葉 こごみ 桜麩
   酒盗黄身ソース 土筆


淡泊な味の白魚と湯葉に鰹の内臓で作った塩辛の酒盗を卵の
黄身で練り上げたソースをかけて

添え 手延べ蒟蒻 筍 蕗の薹味噌和え

さっと出汁で炊いた蒟蒻と筍を春の香りいっぱいの
蕗のとう味噌で和えました。

お椀 鯉と新牛蒡のつみれ 沢煮仕立て
   大根 人参 芹 独活 黒胡椒


鯉のつみれは山芋と味噌牛蒡を入れふわふわの
食感に、野菜は油でさっと炒め最後に黒こしょうを
ひきました

向付 肥後馬刺し ふたえご 熟成もろみ

熊本特産馬刺しは生姜醤油かもろみをつけて
ふたえごはアバラの部分でこりこりの食感が
楽しめます。

凌ぎ 鰻の桜飯蒸し 銀餡 一寸豆

鰻を包み蒸しあげたもち米を桜の葉でくるみ
餡をかけました。

中皿 稚鮎 筍 スウィートコーン うすい豆のソース

塩水に浸けた稚鮎、出汁で炊いた筍、裏ごしして味を付けた
うすい豆を春巻きの皮で巻揚げました。
稚鮎のほろ苦さとうすい豆の甘さをお楽しみください。

強肴 阿蘇赤牛と山鮑 トマトのしゃぶしゃぶ
   柑橘の泡を添えて


山鮑とは今が旬の肉厚の原木椎茸です。
鮑のように波型に包丁を入れ食感をお楽しみください。

鉢物 新玉ねぎ 菊池黒豚 新じゃが餡 
   スナップえんどう 辛子


温泉の蒸気で半日蒸し煮込みした黒豚に
蒸して裏ごしたじゃがいもを溶いた餡を
かけて

ご飯 高菜飯

香の物 

止椀 田舎味噌汁

甘味 杖立プリン 季節のシャーベット





 

球磨焼酎

熊本県は世界貿易機構の産地表示保護の指定を受けている球磨焼酎の里です。
(焼酎では球磨焼酎のほかに薩摩焼酎と琉球泡盛が認められてます)その歴史
は約500年ともいわれ、今もその歴史を約30の蔵が人吉球磨地方を中心に
継承、されております。

 米のみを原料として人吉球磨の地下水で仕込んだもろみを蒸留して作られる
お酒は、原料がお米のため当然ながら和食との相性は抜群です。
 

というわけで今回はこの3種をご紹介
大石酒造 鬼倒し2006
ヴィンテージ入りの焼酎で熟成したまろやかな味わいが特徴です。
高木酒蔵 遊木 
シェーリー樽やオーク樽でねかせた原酒をブレンド。
ヴァニラなど樽からくる心地よい香りが特徴です。
同じく高田酒造の減圧蒸留高田
自家水田で育てられた山田錦を使い沸点を下げ蒸留する減圧蒸留
によってつくられた焼酎です。穏やかな香りと米の旨味を強く感
じるお酒です。

どのお酒もなかなか県外では味わうことのできないレアなものです。
熊本にお越しになったら是非ともお試しください。
 


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM